So-net無料ブログ作成
検索選択

小児メタボリックと痩身傾向児 [痩身ダイエット]

 まあ、近い将来この言葉を聞くようになるだろうとは思っていたが、先日、さっそくテレビで放映されていた。
小児メタボリックシンドローム。
もうすでに基準まであるらしい。

 小児メタボリックシンドロームの診断基準
厚労省の研究班によると、小児の場合、腹回り82.5センチ以上を超えると、色々な検査値の異常が増えていることが、確認された。
このため腹回りの診断基準値は、男女とも80センチ以上とされた。
(1)脂質は中性脂肪 1dl中120mg以上
   または善玉コレステロール 1dl中40mg未満
(2)空腹時血糖 1dl中100mg以上
(3)血圧が最高(収縮期)125mmHg以上
   または最低(拡張期)70mmHg以上とした。
 腹回り80センチ以上で、診断基準の二つ以上を満たすと“小児メタボリックシンドローム”と診断される。
当然、健康状態が悪くなってもおかしくないと言う事。大人と同じ、メタボと名づけられているくらいなのだから。
子ども肥満の大半は、親の責任である。
ウエスト80センチを超えていないとしても、肥満は本当に気をつけなければいけないので、痩身をおすすめする。
  
 一方、それと反対に、痩せすぎのこどもたちも増えている。
その中でも、痩身・ファッションとしてのやせ傾向が増えているそうだ。
以前はこどもの痩せすぎは栄養障害や慢性疾患などの病気ととらえていたのだが・・・。
問題は、最近のこどもたちはテレビや室内ゲームなど室内娯楽に費やす時間が年々増えていて運動不足になっている。
特に、筋肉量が少なく、脂肪量が標準的なタイプのこどもが増えてきていて、運動不足が原因と考えられる。
運動不足の生活が、心肺機能の低下や筋肉の減少を引き起こしているのだ。
 私には無縁の悩みであるが、友人の子どもがほとんど食べないらしい・・・本当に痩せていて、毎食のたびに喧嘩するほど。
しかもその子は男の子で、小学校高学年なのに・・・。
その時期は、随分食べる時期ではないのだろうか???
痩身して格好良く見せたいなどの、外見的な問題ではないようだが。

 バランスのよい食生活と、規則正しい生活習慣。
子供だけではなく、大人も気をつけなければいけないのではないだろうか。

nice!(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

痩身エステに行くメリットとは? [痩身ダイエット]

 プロの手で癒されながら、痩身を成功させよう!をテーマに、失敗のない痩身エステの選び方をお届けします。
テーマは「痩身エステ」。
ポイントさえわかれば、湯水のようにお金を使わなくても、自分に見合った予算内で痩身することが可能なんです。
このの記事を読み終わる頃には、貴女も「エステ・ダイエッター」になれることウケアイ。
思い通りのスタイルをキープしていくためにも、どうぞお付き合いくださいね。

 最初に言っておきますが、ただ体重を落とすだけ、ただ細くしたいだけだったら、エステに大金を使う必要なんてありません。
極端な話をすれば、食べなければ、痩せられます。
 また、骨折した人を思い出してみてください。
その部分というのは、動かさなければ、嫌でも細くなります。
しかしそれは、本当に私たちが求める痩身方法でしょうか?
 思い通りの体型を手に入れるために、太くて気になる部分だけ細くして、魅力的に痩せる
だけど、自己流で行うダイエットのほとんどが、結果を早く出したいがために極端な行動に走ってしまったり、間違った方法をしてしまったり・・・。
 そこで知っておきたいのが、エステでの痩身。
健康的にキレイ脂肪を落とすために、痩身についてしりつくしているプロ達に手を貸してもらう。
それこそが、痩身エステの最大の魅力なのです。
 しかし、痩身方法といっても数限りなくあるので、どれが自分に合うのか、その見極めは必要になってきます。
そしてエステサロンもエステティシャンにも、怖いことですが「当たり」「ハズレ」があります。
たくさんある痩身法、痩身エステを納得いくまで調査し、自分のベスト痩身法、ベスト痩身サロンを見つけれるように頑張ってください。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。